×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

邪香 ‐殺しの匂い‐

淫靡な雌の匂いをほのかな香水の匂いに隠し、視力を失った夫の前で他の男に抱かれる――。
横たわる夫の身体から立ち昇るのは、まぎれもない死の匂い。
そしてもう一つ、邪悪な<殺しの匂い>……。
男女のもつれた愛憎が魔を生み出す――。
結婚を控え幸せの絶頂にいたあずさ。
だが、婚約者が突然の事故に遭い、あずさは幸せの絶頂から地獄の奈落へ。
その背後にあるのは女の怨念…!? 恐怖は、あなたのすぐ側に――。
本当の恐怖はすぐ側に――。
いつも側にいるのに意識しない存在・隣人。
忍び寄る恐怖に気付いた時にはもう遅い、彼らの殺意に理由などないのだから――。
都会にひそむ日常の恐怖、悪夢はもうすでに始まっている!!本当の恐怖はすぐ側に――。
いつも側にいるのに意識しない存在・隣人。
忍び寄る恐怖に気付いた時にはもう遅い、彼らの殺意に理由などないのだから――。
都会にひそむ日常の恐怖、悪夢はもうすでに始まっている!!それをむやみに呼んではいけない…。
仏様はきちんとお見送りしなければ、この世にとどまり迷い霊になってしまう……。
ダムに沈んだその村には、伝説の巫女と呼ばれた少女がいた。
冷たい水底に沈められた彼女が、長年の封印を解き、呪いとともによみがえる…。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60018172



menu