×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



古事記

古事記とは、八世紀のはじめに書かれた、日本でもっとも古い書物。
古事記に登場する神々は、人間と同じ喜怒哀楽をもち、物語はストーリー性に富んでいる。
ヤマタノオロチ退治など収録。
源氏物語には、現代にも通じる人間の生きざまが描かれている。
光源氏とおおぜいの女君との恋物語の中には、ひとりぼっちで生きていく悲しみが隠れています。
源氏物語の内容を原作にできるだけ忠実に、わかりやすく再現。
「今は昔……」の書き出しで知られる説話集。
この中で、芥川龍之介も注目した『鼻』『羅生門』など5つの物語を収録。
この世に生を受けた人間が味わうことのできる、すべての体験がもりこまれている。
怪異小説の傑作として有名な『雨月物語』の九つの話のうち、五つの短編を収録。
人間の心に宿る執念のようなものを追い求めた上田秋成の最高傑作。
鎌倉時代に成立した平家の栄華と源平の戦いによる没落を描いた軍記物語。
”祇園精舎の鐘の声…”の有名な書き出しで始まることでも広く知られるいる。
「扇の的」など名場面を中心に華麗なタッチで再現。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60011833