×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

寺田寅彦随筆集(2)

寺田寅彦(1878-1935)の随筆は芸術感覚と科学精神との希有な結合から生まれ、それらがみごとな調和をたもっている。
しかも主題が人生であれ自然であれ、その語りくちからはいつも温い人間味が伝わって来る。
二十代から最晩年の五十代後半まで書きつがれた数多の随筆から珠玉の百十余篇を選んでこれを五巻に編んだ。
寺田寅彦(1878-1935)の随筆は芸術感覚と科学精神との希有な結合から生まれ、それらがみごとな調和をたもっている。
しかも主題が人生であれ自然であれ、その語りくちからはいつも温い人間味が伝わって来る。
二十代から最晩年の五十代後半まで書きつがれた数多の随筆から珠玉の百十余篇を選んでこれを五巻に編んだ。
寺田寅彦(1878-1935)の随筆は芸術感覚と科学精神との希有な結合から生まれ、それらがみごとな調和をたもっている。
しかも主題が人生であれ自然であれ、その語りくちからはいつも温い人間味が伝わって来る。
二十代から最晩年の五十代後半まで書きつがれた数多の随筆から珠玉の百十余篇を選んでこれを五巻に編んだ。
寺田寅彦(1878-1935)の随筆は芸術感覚と科学精神との希有な結合から生まれ、それらがみごとな調和をたもっている。
しかも主題が人生であれ自然であれ、その語りくちからはいつも温い人間味が伝わって来る。
二十代から最晩年の五十代後半まで書きつがれた数多の随筆から珠玉の百十余篇を選んでこれを五巻に編んだ。
日常のなかの不思議を研究した物理学者で、随筆の名手としても知られる寺田寅彦の短文集。
大正9年に始まる句誌「渋柿」への連載から病床での口授筆記までを含む176篇。
「なるべく心の忙(せわ)しくない、ゆっくりした余裕のある時に、一節ずつ間をおいて読んでもらいたい」という著者の願いがこめられている。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000321