×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎(8)

陣内総長の仇を討つべく、丈太郎をバブルの塔と呼ばれる廃ビルに追い込んだ覇王黒龍会伊達組の刺客たち。
だが、丈太郎が陣内から“誓いの駒"を授かったことを知り、丈太郎を曽根屋元総理の強制捜査に向かわせるよう動き出した……!!曽根屋元総理の逮捕に成功した財前たちは、初めてその存在を公の場で明らかにし、世論に向け巨悪撲滅を高らかに宣言する! それに対し、政商・今津博堂は首相官邸に圧力をかけ、世論による内取潰しを展開するが……!!巨悪たちの陰謀を暴き、大鹿建設倒産の危機を回避した財前たちであったが、政商・今津博堂の報復は激しさを増す! 一方、米国副大統領令嬢のシャロンは、改革という名の乗っ取りに着手し、莫大な裏金で野党議員と官僚の取り込みに動き出したのだった!!米国による日本乗っ取りの陰謀は激化し、その証拠を掴もうとする丈太郎たちの動きはすべてCIAに筒抜けになっていた。
内取本部の中に内通者がいるとの疑いが強まる中、局長の藤堂が辞任、不審な動きを見せる。
内取最大の危機に財前丈太郎は!? そして、民政党副代表・大沢代議士への強制捜査が始まる!日本の完全支配を目論み政権交代を陰から画策する米国に対し、大政商・今津博堂が決起する! その決起とは、神州復興のための破壊と称した同時多発テロだった。
丈太郎と米国、そして今津の三つ巴の戦いの決着はいかに!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60015505